年の垣根

今年一年(酉年)もお世話になりました。

2017を振り返ってみるとオフノートからCD10巻セット「八重山歌謡全集」と

「八重山うた工工四楽集」完成し刊行できたことや、

様々な祭りでのイベントや全国各地でのライブに出演できたことと同時に

すばらしい方々とお会いできたことも歌い手として

冥加なことだったこの一年でした。

また、石垣市から文化功労賞の受賞も誇れる賞だと喜んでいます。

同時に石垣市文化振興プラン会議の委員として任命されまだ会議は進行中、

そして2年前から進めている「沖縄県民謡合同連合会」(沖縄民謡協会9団体)の共同代表を努め

第3回目の「新春民謡合同弾き初め会」を2018年の1月14日(日)に実施します。

なによりも8年ぶりに地元開催のコンサート3月18日「陽春の宴」(大工哲弘・苗子うた会)

「八重山うた・大哲会設立記念」の準備に追われています。併せてどうぞ よろしく御願いします。

〈琉歌〉

♪月日走い過ぢぃてぃ 一夜隔みたる 年ぬ中垣ん 今宵なたさ

(ちぃちふぃはいすぢぃてぃ  いちやふぃざ みたる  とぅしぬなかがちん  くゆいなたさ )

月日が過ぎて行くのも 一夜の隔てで  年の垣根も今宵になったね

 

月並みの言葉ですが

何よりも健康元気で芝刈り(ゴルフ)やお酒も月並みに嗜めることも

ができたことも幸せなことでありました。

皆様方にとっても明くる年もすばらしき年でありますよう。

お祈りいたします。HP「南風いやり」ありがとうございました。