県産三線ブランド化へ

第4回「県産三線ブランド化委員会」が今日県立博物館でありました。

 

委員会には芸大の学長初め作り手、三線業者、学識経験者や

三線演奏家で構成されており

今日も課題解決に向けて活発な意見が交わされました。

 

沖縄の三線は現在県産は25%と少ない現状も報告され

これから販売方法の見直しやニーズの問題についても話しあわれた。

 

また2年後に国「伝統工芸品」の指定を目標に掲げていて

行政との更なる連帯を進めて行けるよう

様々な取り組を行う予定です。

詳しくはhttp://okinawa34.jp/(三線組合)

その一環として9月は初めて

東京で「県産三線ブランド化普及」プレゼンテーションが開催されます。

・9月23日(土)14:00~14:30

・会場時事通信ホール(東京都中央区銀座5-15-8)

・出演:大工哲弘/仲嶺幹/照喜名朝一(調整中)

・主催:(沖縄県三線事業協同組合)

・入場無料

・問い合せ:TEL/FAX:098-884-8288

 

東京の皆さん。遊びに来てくださいね。

 

今日の琉球新報の記事。
黒木プロジェクト代表の宮沢和史が芸大で講演・・・