暑い二日間

日頃の稽古成果を試す琉球民謡音楽協会主催の

民謡コンクールが1日、2日が西原中央公民館であり

その合格発表がありました。

最高賞と大賞部門の合否板

 

大哲会からは50名弱の受験者が挑戦した。

大哲会がグランプリー(柿木)と大賞(緒方)が出ました。

おめでとう!!

合格率は80%といい結果です。

平常では立派に歌っても多くのギャラリーと審査員の前ではナカナカ

実力が発揮できず緊張感のあまり涙をのむ受験生の多くいた。

中にはリベンジ4回目で結果を出した会員など

課題曲への挑戦は3分間のドラマと言える。

一人ひとりの人間生が現れて面白い。

面白いと言ったら叱られそうだが

審査室は一人ひとりの歌を固唾をのみながら聞き入るので

歌う人より緊張するからだ。

結果出せなかった会員はこれに飽きず精進されて

来年度チャレンジされること願っております。

合格された会員は更に上を目指し、心ゆくまで

八重山の歌と向き合い。楽しんでもらえることを

期待しております。

前のりから3日間。応援団のみなさんも本当にお疲れさんでした。

気をつけてお帰りください。