大工哲弘プロフィール

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1948年、沖縄県八重山郡石垣市字新川に生まれる。
1968年、本格的に八重山民謡を山里勇吉に師事。
県内外及び海外コンサートにも多く出演、中・東・北欧、米国、中米などで公演行い、96年には南西アフリカ5カ国巡回コンサート。98年・東南アジア諸国。99年・環太平洋4カ国、2011年は南米4カ国巡回コンサートを実現し世界せましと活動を続けている。
さらに世界の民族音楽家、ジャズやロックのミュージシャンなどとの共演活動も意欲的に行っている。CDアルバムも20数枚リリース。
2013年は「ブルーヤイマ」を発表。
99年に沖縄県無形文化財(八重山古典民謡)保持者に指定される。
2015年・琉球民謡音楽協会名誉会長に就任、同年、全沖縄の民謡協会9団体の共同代表となる。
八重山地方に伝承される多彩な島の歌をこなし八重山民謡の第一人者として地位を築いている。その島唄に愛情を込めて歌う姿勢には共感者が多い。
また八重山民謡教室の支部を全国に持ち、沖縄・八重山民謡の普及・育成にも力をそそぐ。現在、沖縄でもっとも幅広い活動をしているミュージシャンである。

€【BIOGRAPHY】

1948年

沖縄県八重山郡石垣市新川に生まれる。

1968年

山里勇吉に師事 
琉球放送主催「歌くらべ弾きくらべ」民謡大会にて優勝

1970年

第6回・琉球新報社主催「琉球フェスティバル」民謡の部出演
司会・長沢純、読売テレビ「全日本歌謡選手権」出場 8周勝ち抜く
マルフクレコードから「川良山・まるまぶんさん」ドーナツ盤デビュー

1971年

第8回・石垣市主催「とぅばらーま大会」優勝
八重山音楽安室流保存会・安室孫利氏より教師免許授与

1973年

琉球新報社の古典音楽三線部門新人賞、75・優秀賞、80・最高賞受賞

1974年

竹中労氏が主催した琉球フェスティバルに参加(大阪、東京、京都、名古屋)
嘉手苅林昌、山里勇吉、金城睦松、照屋林助、八木正男、北島角子、
国吉源次、知名定男、大工哲弘
LPアルバム「沖縄うらみ節・八重山ゆんた」ビクターから発売

1976年

琉球民謡協会より教師免許授与、
琉球新報主催・第11回古典芸能コンクール「笛の部門」最高賞受賞
ASAレコードよりLP盤「とぅばらーま」アルバム発売
長谷川きよし、知名定男、大工哲弘、三人ジョイントコンサート開催

1978年

八重山音楽安室流保存会より師範免許授与

1979年

極東放送社(株)より「民謡大賞」 受賞
高橋竹山先生と那覇・石垣で共演公演
パモス青芸館柿落としコンサート
東京渋谷ジャンジャンで数回ライブ実施
ジャンジャンライブLP盤「やいまの華うた」ビクターから発売

1980年

沖縄ジャンジャンオープン記念うた会、連続ライブ開催

1981年

琉球民謡協会より師範免許

1982年

前川朝文(野村流伝統音楽協会師範)より師事
「第1回リサイタル・ゆんたしょうら1」労働福祉会館で開催
沖縄復帰10周年記念国立劇場公演「沖縄の芸能のすべて」
文化庁芸術主催、海勢頭豊、我如古より子らと出演

1983年

琉球放送主催「第21回新春民謡紅白歌合戦」民謡大賞受賞
沖縄横笛協会より教師免許

1984年

野村流伝統音楽協会より教師免許

1985年

那覇市勤労青少年ホーム「民謡・三線講座」週一回開講、2009年まで継続。

1986年

琉球放送主催「創作芸能祭」新城知子創作舞踊曲「彩思い」作曲、佳作入賞

1987年

カセット4巻セット「大工哲弘の魅力・八重山のうた」発売(キングレコードCNT-1736~9)
徳之島「六調節大会」参加。
第2回「ゆんたしょーら」:那覇市民会館大ホール
沖縄テレビ放送(株)ゴールデン民謡賞・大衆賞受賞

1989年

立松和平氏と「語り&ライブ」共演、サントリーホール

1990年

NHKfmラジオ「うちなージョッキー」番組、芳田賢一、牧港襄一さんらと担当

1991年

石垣JC主催「ザ・うた」伊藤多喜雄、築地俊造らと共演、於石垣市民会館
那覇パレット市民劇場 柿落とし公演 出演
那覇市首里公民館「うた三線講座」開講、毎週水曜日

1992年

「大工哲弘in東京・南風ぬいやり」東京千代田公会堂で初リサイタル
那覇市若狭公民館「若狭しまうたの会」開講する。毎週木曜日
大工哲弘in東京「南風ぬいやり」コンサート開催、於千代田公会堂
新疆ウイグル地区のショヒラティトルソン氏と(那覇、福岡、北九州)でライブ
キタンチェリー、豊田勇造氏らと東久留米商工会館でライブ

1993年

初のCDアルバム「ゆんたとぅじらば(YUNTA&JIRABA)」発売(ディスク・アカバナー APCD-1002)
沖縄文化民間交流会ヨーロッパツアー(チュリッヒ、ジュネーブ、スイス・ロンドン、ノーザンプトン)公演に参加
エージアンファンタジー「とぅばらーま・うた美しゃ」戸川純、梅津和時ら多彩なゲストを迎えてのコンサート実施。渋谷文化村シアターコクーン。
「月の真昼間コンサート」福岡八女郡黒木町で八尋トモヒロ、梅津和時ら多彩なゲストを迎えて8回まで開催。
10月「アジアの絃響」アジアの音と心、金 石出とその一座、梅津和時、我如古より子らと共演、於日暮里サニーホール。
11月 香川フェスティバル 於香川県県民ホール

1994年

第3回リサイタル「ゆんたしょーら・パート3」:那覇市民会館、中南米(グァテマラ、サントドミンゴ、チリ、マイアミ)ツアー公演に参加

1995年

CD「大工哲弘」発売(オフノート ON-5)

1996年

国際交流基金主催事業・南西アフリカ巡回コンサート(ジンバブエ、ヨハネスブルグ、アビジャン、セネガル)参加。
CD「ジンターナショナル」発売(オフノート ON-12)、
沖縄横笛協会から「師範免許」を受賞

1997年

CD「誇(ふくい)~八重山祝のうた~」発売(ディスク・アカバナー ASCD-2004)、CD「チバリヨーウチナー (がんばろう沖縄)」企画・構成、発売(音楽センター CCD-760)

1998年

アジアツアー(インド・ベトナム・フィリピン)参加、
CD「あがろーざ/大工哲弘&ツンダラーズ」発売(ビクターnafin VICG-60098)

1999年

沖縄県無形文化財保持者(八重山古典民謡)に指定される

2000年

CD「沖縄かがやけ」企画・構成、発売(音楽センター CCD-784)

2001年

CD「伝 (いやり)」発売(ディスク・アカバナー ASCD-2010)

2002年

CD「エイサー遊び クイチャー踊ろう!」発売(音楽センター CCD-814、下地暁氏とのカップリング)

2003年

CD「蓬莱行 exo-PAI PATIROHMA」発売(オフノート ON-43)

2004年

天皇陛下古希祝お催し(日本の民俗芸能)出演。皇居・桃華楽堂で八重山の歌披露、CD「結(ゆい) ~八重山の風声(かじぐい)~」発売(ディスク・アカバナー ASCD-2011)

2005年

文化庁主催、韓国ソウル、那覇公演、パンソリと共演(日韓友情年)
桜坂劇場、貞洞劇場

2006年

北海道ライブツアー(札幌、小樽、芦別、旭川、佐呂間、釧路、帯広)、
パーカッションの永原元と、CD「ジンターランド (JINTA WONDERLAND)」発売(大阪ちんどん通信社とコラボレーション、オフノート ON-58)

2007年

石垣市施行60周年記念事業「やいまうたながれ」宮良康正、新良幸人、ミヤギマモル、日出克らと共演

2008年

7月、「古賀市市民音楽祭 沖縄フェスティバル」古賀市中央公民館大ホール:ネーネーズ、ミヤギマモルと共演
9月、「琉球フェスティバルin東京」日比谷野外音楽堂:金城実、山里ゆき、坪山豊、パーシャクラブ他と共演
10月、「琉球フェスティバルin大阪」大阪城音楽堂:知名定男、 アルベルト城間、宮沢和史 他と共演

2009年

3月、11日沖縄ミュージック音市場「沖縄トラッドコンサート」出演:登川誠仁、知名定男、大城美佐子、名護良一、 金城恵子らと共演
9月、琉球フェスティバルin東京 於日比谷野外音楽堂

2010年

3月、「沖縄音楽の軌跡」安里屋ユンタ旅に出る 於パレット市民劇場 与世山澄子、ポール石垣 青柳拓次、木津しげり 共演

2011年

「大工哲弘・愛さ生り島コンサート」石垣市民会館大ホール  
南米巡回コンサート(チリ、アルゼンチン、ウルグヮイ、ブラジル)木津しげり、澤田勝秋、大工苗子らと参加。

2012年

琉球民謡音楽協会創立10周年大阪公演「島唄の祭典」於ドーンセンター

2013年

11月・福岡八重山ナイト15周年記念「大工哲弘コンサート」於住吉能楽堂

2014年

6月・ムジークフェスと奈良、於奈良春日野園、夏川リミ、きいやま商店、新良幸人、大工哲弘/苗子
8月・東大寺(金鐘ホール)大工哲弘コンサート 八重山民謡特集 
10月・琉球フェスティバルin大阪20周年記念出演 於大阪城址野外音楽堂